こんな生活習慣は今すぐストップ!

こんな生活習慣は今すぐストップ!

男性の薄毛は、遺伝によるところが大きいのですが、生活習慣・環境にも左右されます。薄毛の遺伝子を持っていたとしても、生活習慣に気を付ければ薄毛の進行を緩やかにできるかもしれません。反対に、薄毛の遺伝子がなくても毛髪によくない生活習慣を続けていれば、薄毛になる恐れもあります。発毛には、頭皮の血行が関係します。血行を悪くする生活習慣は、毛髪に悪影響を与えます。その最たるものは喫煙です。喫煙は毛細血管を収縮させて血流を妨げます。運動不足でも筋肉量が低下して血流が悪化します。
薄毛の原因には、男性ホルモンと過剰な皮脂分泌もあります。寝不足とストレスは、ホルモンバランスを乱します。特に睡眠不足は、頭皮の新陳代謝を不活発にするので二重に良くありません。夜更かしをやめるだけでも、髪には良い影響があります。もちろん食生活も大切です。動物性脂肪を過剰に摂取する食生活は、皮脂分泌を増やして頭皮の毛穴を塞いでしまいます。そしてシャンプーも大切なポイントです。皮脂を取ろうとするあまり、洗浄力が強いシャンプーで1日に何度も頭を洗うと、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。頭皮が乾燥するとフケが毛穴を塞ぎ、発毛の妨げになります。
思い当たることはありましたか?薄毛改善をきっかけに、生活習慣の見直しがお勧めです。