備えあれば薄毛なし!育毛は先手必勝

薄毛を実感する年代ときっかけは?

男性の悩みで多いのが、薄毛です。年を重ねるごとに、薄毛が気になる男性は増えます。早い人では20代半ばから毛髪の量が気になり始めるようです。30代を過ぎると、薄毛を実感する機会も出てきます。ずっと白髪体質だと思っていたのに、40〜50歳代になってから、めっきり毛髪が寂しくなってくる人もいるでしょう。
薄毛が気になり始めるきっかけは、ヘアスタイルが決まらなくなってきた、髪の分け目にボリュームが無くペッタリするようになったなど、毎日のスタイリングで鏡を見た時の印象が大きいようです。人から頭頂部の薄さを指摘された、写真を見て薄くなってきているのに気づくといったケースも目立ちます。他人の指摘や写真は、客観的に自分の毛髪をチェックするきっかけになります。
薄毛の兆候を発見して、「いよいよ来たか」とショックを受けるかもしれません。しかしプラスの方向に考えれば、早めに気づいた分だけ対策も取りやすく、進行を遅らせることも可能になります。特に「何となく」という段階なら、育毛シャンプーを毎日のヘアケアに取り入れるだけでも、改善が期待できます。同窓会など同年代の集まりで、薄毛の友人を見て「もしかして自分も…」と心配する人もいるでしょう。小さなきっかけから、薄毛の早期ケアにつなげたいものです。

関連リンク

育毛シャンプー・・・髪の毛を本気で育てたい人必見!人気の育毛シャンプーの中からおすすめのものをランキング形式でご紹介します!